房総ダム湖の旅人

千葉県を中心に色んな釣りに挑戦します。バス釣り、エリアトラウト等

今後の釣り具購入予定!

こんにちは!フミタカです。

釣り道具の事で結構悩んでますね!欲しいものが多すぎです。

ピックアップすると下記の通りです。

1、ハイデッキ

2、ボートラダー

3、ロッド(ソリッドティップのスピニングタックル)

今後の釣り具購入予定!

f:id:fumitaka-siro:20200910035949j:plain

ハイデッキ

当初は木製の物を検討してました。

キャスティングの茂原店に篠工房さんのハイデッキが置いてあったので、触ってみたのですが、重い!

欲しくてたまらないのですが、これだけ重いと少し考えてしまいました。買うこと自体悩んでしまいます。

因みに今検討していたのが下記の通り!

f:id:fumitaka-siro:20200922124541p:plain

ヤフオクで買うか!

f:id:fumitaka-siro:20200922124828p:plain

サウザーフロアデッキを買うかですかね!

まあツライチは嫌!持った感じ木製は重い!サウザーフロアーデッキ!実はこれが一番コンパクトそうでいいのですが、木製より重い見たいですね!

だからとても悩んでます。

ボートラダー

Amazonでポチっとしてしまいました。友人が同じものを持ってるとの事なので安心して買いました。

早速今月23日の笹川湖で使ってみたいと思います。しかし何で今まで買わなかったのですかね?友人は結構持ってる方多いのに!まあ急に欲しいと思ったのが、ラダーを付けて進むボートは、私と比べて真っすぐに進んでいると分かったからです。釣果アップにもつながりそうですね!

f:id:fumitaka-siro:20200922125924j:plain

欲しいロッド!

最近欲しいロッドがあります。

ベイトロッド

ポイズンアドレナ166Hですね!

6フィート6インチの長さのHロッドって取り回しが良さそうです!なので欲しい!

フルカーボンモノコックとスパイラルXコアの良さも体験済みなので、本当に信頼してます。

f:id:fumitaka-siro:20200921075227j:plain

(画像は167L-BFS)

まあこれは来年ですね!それに気が変るかも知れないです。

スピニングロッド!

これはもう買うつもりで検討してます。これは前のブログの「おススメバス釣り用ライン」の記事でコメント頂いたニックネーム「タイガ---さん」のアドバイスで検討に至りました。因みに私はタイガ---さんの「プカプカ&エリア ルアーフィッシング」ブログの読者の一人です。光栄にもコメント頂きました。嬉しい(笑)

エンジンのスペルバウンドコア

f:id:fumitaka-siro:20200921082718j:plain

候補の番手は!

SCS-60-1/2SUL-ST

先径0.9㎜

羽生監修。ライク2インチのノーシンカートゥイッチ、マス針ダウンショット、冬のディープウォーターでのスモラバボトムスイミングなどフィネススペシャルな1本。繊細なティップからは想像できないバットパワーでバスとの余裕のやり取りを実現。

SCS-60-1/2UL-ST

先径1㎜

羽生監修。亀山湖に代表される房総リザーバー攻略の基軸となるアイテム。あらゆるライトリグの操作性に優れたソリッドティップとしっかり掛けて寄せられるベリー〜バットを持ち、60アップにも対応する。

SCS-63-1/2XUL-ST

先径0.9㎜

羽生監修。房総リザーバーでのサイト時に必要な超軽量ルアーを操りながらも、ビッグバスの突進を止めるこ
とこそ今モデルのコンセプト。さらにカバー周りのミドストでも確実にキャッチするテーパーを兼ね備える。

f:id:fumitaka-siro:20200828083728j:plain

ここの悩み点!

先径が0.9mm!

昨年折ったアドレナの261SULも先径0.9mm!2万円以上もかけてまたすぐに「ポキっ」とやると怖いですね!確か折れた時は、上から2番目のガイドにラインが巻き付いて折れました。ガイドの間隔をみないと怖いですね!その意味では新しいタイプポイズンアドレナのソリッドティップは、使い方を余程気をつけないと危ないですね。

f:id:fumitaka-siro:20200922132426j:plain

汎用性!

どれも結構尖った感じなんですよね!まあその分ロッドを使用する上での方向性は、ハッキリしているのでとても分かりやすい!全部買えば問題ないのですが、今年はコロナウィルスのせいで我が業界は絶大な被害にあい、給料減ってるので無理!

これは、キャステイングの茂原店に SCS-63-1/2XUL-STSCS-60-1/2UL-STが売っていたので見る事が出来ました。

感想は!

まずガイドの間隔は2本ともある程度空いていて丁度いい感じでした。

SCS-60-1/2UL-ST

ちょっと硬い気がしました。もう少しぺランぺらんのロッドの方がいいです。

SCS-63-1/2XUL-ST

いい感じだけど長い!

なので多分SCS-60-1/2SUL-STを購入する可能性が高いです。まあ出来たら実物触りたいですが、楽天市場で特価で出ていたのでポチっとやるかもしれません!

 最後に!

ブログを読んで頂いてありがとうございます!

今後ともよろしくお願いします。

 

おススメバス釣り用ライン

こんにちは!フミタカです。

最近スピニングリールの酷いライントラブルに悩まされました。

スピニングリールでライントラブルを起こすと本当にどうしようもない状態になりますよね!私はトラブルを起こすとさっさとラインを切ってしまします。

理由は時間をとられるのが嫌だからです。

フロロカーボンライン(私的におススメ)

 

f:id:fumitaka-siro:20200917215416p:plain

ライントラブルの原因!

スピニングタックルの場合ライントラブルを起こす原因は大体軽い物を投げ続けた時ですね!その時に糸ふけで起こる輪っかを一緒に巻き込むようになったら要注意です。

目安は0.9gのシンカーで引き抵抗の弱いワーム(ストレート系ワーム)を投げてる時ですね

フロロカーボンライン!

人によって様々だと思いますが、私はスピニングタックルには大体フロロカーボンラインを巻いてます。

理由は根づれに強い、基本沈むラインで自分が使うリグに合うからです。

号数は基本4lbですが、状況に応じて号数5~6lbのナイロンラインを使ったりします。オカッパリや障害物が少ないレイクの時ですね。因みにラインの太さは、亀山湖や笹川湖では3lb使ってる方もいると思います。私は、自分のウデに自信がないので4lb以下にするのは、まだ怖いです。  

おススメのフロロカーボン!

シーガー R18フロロリミテッド 100m

1番は

クレハ(KUREHA)

シーガー R-18フロロリミテッド 100m 

  • シーガーR18シリーズ最上級モデル
  • 剛柔を高いバランスで両立、こだわりの技術を投じて実現した、R18フロロカーボンシリーズ最高クラスの強度としなやかさの融合。
  • 信頼のトーナメントクオリティー、素材本来の特性と独自の技術を融合。プロの厳しい眼も納得させる品質を実現。
  • 環境に優しいエコパッケージ

f:id:fumitaka-siro:20200918044829p:plain

Facebookのお友達が使ってるのを真似したら本当に良かったです。強いわりにしなやかなので、ライントラブルが起きにくいですね!感度も抜群です。しかも価格がAmazonだと本当に安い!

他にクレハ(KUREHA)のシーガーのシリーズは!

シーガー R18 BASS(バス) 240m

これは上記のフロロリミテッドと比べると硬い感じがします。

シーガーから本格バス専用ラインが誕生。240m長巻きタイプ。シーガーだから出来る、強さとしなやかさの絶妙なバランス。ハードストラクチャーにも果敢に攻められる高い耐摩耗性。高い操作性と飛距離を生み出すしなやかな性質と紫外線や吸水の影響をほとんど受けない高耐久性。お徳用240m長巻きタイプ(16lb、20lbは200m)で、約80m×3回、約60m×4回、約40m×6回、好みに合わせて使用が可能です。

f:id:fumitaka-siro:20200918045348p:plain

シーガー フロロマイスター 320m

ハッキリ言ってコスパ最強だと思います。

リーズナブルなルアーフィッシング用フロロカーボンラインです。80m毎マーキングシールに残m数を表示しています。

f:id:fumitaka-siro:20200918045410p:plain

3つの種類の比較!

単純にやはり価格なりの性能です。ここ3年は大体!シーガーを使いました。2017年はR18 フロロリミテッド、2018年はシーガー R18 BASS(バス) 240m、2019年はフロロマイスターという順番です。そして今回やはりR18 フロロリミテッドに戻す事にしました。やっぱり忘れられないくらいいいです。

f:id:fumitaka-siro:20200918062915p:plain

f:id:fumitaka-siro:20200918062936p:plain

他のメーカーのライン!

下記は私が使った事があるメーカーです。使わなくなった理由は、大体価格とか色とかですね! 性能はいいと思います。

因みに何故かサンヨーナイロンさんのGT-Rのシリーズは使った事無いです。理由は特にないです。多分買おうとして、欲しい号数がなかったりしたのだと思います。

サンライン

シューターFCスナイパー

巻物の場合は時々使いますけどね!

世界基準をモットーに再度素材から見直し徹底的に鍛えなおしたスーパーフロロ。各LB毎にラインの特性を100%出しきる専用設計。世界の舞台で通用するバス用フロロカーボンラインの決定版。

使わなくなった理由は価格です。

性能は本当にトップクラスだと思います。

f:id:fumitaka-siro:20200918063550p:plain

デュエル

X-TEX COBRA

このラインの扱いは、ナイロンなのか?複合素材で確かナイロンとフロロの中間です。このラインもいいです!

使わなくなった理由は

色、使い勝手です房総のダム湖は基本透明ラインが無難な事!使い勝手に関しては、スピニングでは使わないだけで、ベイトタックルで巻き物なら使ってます。

f:id:fumitaka-siro:20200918063852p:plain

ジャッカル

画像はありませんが、レッドスプールとレッドスプールレグナムも使ってました。これもやはり価格が原因で使わなくなりました。他の評判もいいですから、これも認められたいいラインの1つだと思います。

f:id:fumitaka-siro:20200910074758j:plain

同じことを書いてしまいますが、使う頻度が減ってるメーカーのラインもいい性能の物ばかりです。私の場合単純に価格や色の好き嫌いで決めました。

最後に!

ブログを読んで頂いてありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。

2020.9.15亀山湖

こんにちは!フミタカです。

この日の亀山湖は最初本当に小さなアタリしかありませんでした。ちゃんとバスなんですけどね!乗らない!いや~な感じで釣りしてたら、水が変な濁りが目立ち始めました。あとでのむらボートハウスさんのブログを見たら、「ターンオーバーして水がマーブル模様になっていた」とありました。表現上手いなあ~!

f:id:fumitaka-siro:20200916030340j:plain

2020.9.15亀山湖

 状況分析

のむらボートハウスさんより出船

天気:晴れで風強し

気温:29℃位

水温:平均26~27℃

水質:場所によってはターンオーバー

水位:減水1.1m

風速:2~4m

f:id:fumitaka-siro:20200916031737j:plain

多分朝のうちはターンオーバーしてなかったと思います。でもとても食いが悪い!1時間くらいのむらボートハウスさん付近のポイント釣ったのですが釣果が得られず、久々によりともエリアまで行ってみようと思い、だらだらと本湖に向かっていきました。ただボートハウス松下さん~よりとも方面は年に1回くらいしか行かないので、あんまり釣れる場所知らないのですよね!

結果的に最初から長崎キャンプ場方面に行った方が良かったです。

釣果!

3匹 最大25㎝

今回は小バスの写真はとらない!なんて身の丈に合わない事はしませんでした。

のむらボートハウスさんのブログでは最大40㎝の10匹とありましたが、こんな状況だと釣れただけ感謝です。実際小さいバスというのもありますが、アタリも「んっ?」と思ったら「あ~かかってた」という状態でした

f:id:fumitaka-siro:20200916032450j:plain

因みにこのバスを釣ったのが、多分午前9時頃です。

エリアは!

f:id:fumitaka-siro:20200916032642j:plain

f:id:fumitaka-siro:20200916032731j:plain

ボートハウス松下さん横のワンド

釣れた事ないエリアだったので、ちょっと嬉しかったです。

後の2匹は長崎キャンプ場の対岸の岩盤エリアです。正直午前中からここに来れば釣果は上がっていたと思います。

今年はこんな事多いですね!やっぱ不幸があった年は運気が悪くなると聞いたのですが、なんか当たってる気がします。なにせ午前中は全く正反対のよりとも島にいましたからね!

f:id:fumitaka-siro:20200916032920j:plain

今後の予定!

今年のIバス会の釣り大会も残すとこ2回!10月が笹川湖!11月が亀山湖の予定です。9月は残りの休みを笹川湖、 三島湖と行くことにしてます。三島湖はともゑボートさんの予約が上手いこと取れました。行くのが楽しみですね!

f:id:fumitaka-siro:20200916034845j:plain

ターンオーバーについての考え

大して釣りも上手くないくせに実はかなり楽観的に考えてました。

理由

場所の選択がしやすいから!ですね

単純に水が綺麗な場所!上流とか、流れ込みとか、水生植物が多い場所とかですね!場所を絞りやすくなります。

あとベイトを追ってるバスは普通に元気なように見えます。実際今回釣行でもデスアダーとフィッシュアローのフラッシュJで釣れました。

f:id:fumitaka-siro:20200916041726j:plain

今後のターン対策は!

1、水の状態を常に把握する。

今回もボートの航跡のあとに泡がいつまでも残る感じがありました。この季節はターンの可能性があるので、やっぱり油断してはダメですね!今回の私はターンに気づくのがいつもより遅かったです。

2、場所の選択

水の状態が?だったら考えないといけないですね!

亀山湖や笹川湖なら単純に上流域を目指した方がいいのですかね?でも流れ込み!水性植物が多い場所!水の流れのある場所も

3、ルアー選択

これも今回食いが悪いからとネコリグをネチネチやったのは失敗でした。最近お得意のベイトフィッシュに似たピンテールのワームで良かったですね。シャッドとかも良さげなので今度から持っていきます。

f:id:fumitaka-siro:20200817071709p:plain

最後に!

ブログを読んで頂いてありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。

18ポイズンアドレナ266Lを使ってみて

こんにちは!フミタカです。

9月13日日曜日!実は笹川湖に行きました。仕事を午前6時まで終えて、それから笹川ボートさんに 向かいました。

釣果は3匹釣れたのですが、あまりにも小さい!

なので今回ブログには載せません!

f:id:fumitaka-siro:20200914034855j:plain

18ポイズンアドレナ266Lを使ってみて!

フルカーボンモノコック

本当に私レベルでも感度の良さが分かります。困ったのが水中に沈んでいる木の枝!魚のアタリだと思って思いっきり合わせてしまいます。

この感度の良さは旧タイプのアドレナと比べても確実にレベルが上がってますね!初めてカーボンモノコックを触った時は本当に画期的だと思いましたが、その上を作ってくるところは凄い!

f:id:fumitaka-siro:20200914042748j:plain

f:id:fumitaka-siro:20200914043132p:plain

投げた感じ!

これは前タイプのアドレナ266Lと比べてですが、実はそんなに変わらない気がしました。これは使いこんでみないと分からないのかな?

ただ前タイプと比べて遠くに飛ぶようになったような気がします。

f:id:fumitaka-siro:20200906065002j:plain

ロッドの硬さ!強さ!

前タイプのアドレナ266Lと比べて!

軽い物を投げた時

下記画像の組み合わせ!ジグヘッド0.9gデスアダーの3インチの組み合わせが、全タイプのアドレナ266Lと比べて本当に微妙に投げにくい感じです。勿論ストレスを感じるレベルではないです。

f:id:fumitaka-siro:20200821231818j:plain

重い物を投げた時!

前タイプのアドレナ266Lと比べて!

あまり変わらないと思いますが、若干重い物を投げるような気がします。

全体タイプのアドレナ266Lは大体5g位のルアーを投げると段々ストレスになってきました!勿論ルアーの種類によりますけどね!私はベイトフィネスでレベルブーストの5gをよく投げるのですが、これはいけそうな感じですね!

f:id:fumitaka-siro:20200906065527j:plain

グリップは!

これは人の手の大きさがあるので何とも言えませんが

私にとっては本当に最高です。

私にとってポイズンアドレナのグリップは本当に最高です。折れてしまいましたが、同シリーズの261SUL、ベイトの167Lも本当にいいです。

そして何より軽いですね!

f:id:fumitaka-siro:20200906065002j:plain

リールとの相性!

今のところ19ストラディックのC2000Sとの組み合わせは、今一ですね!軽すぎで私的にはバランスが悪い感じです。

まあこれは、もう少し使い込んで決めます。

f:id:fumitaka-siro:20200906070308j:plain

最後に!

いつもブログを読んで頂いてありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。

2020.9月8,9日高滝湖

こんにちは!フミタカです。

今回高滝湖には2日連続で入りました。

2020.9月8,9日高滝湖

 

f:id:fumitaka-siro:20200910035949j:plain

正直何とかデコを逃れたなあ~というレベル!ハッキリ言ってブログに書けるような状態ではないですね!9日の身内大会では1位は何とか2000gを超えてますが、今までの高滝湖での大会成績を考えると少し寂しい!

f:id:fumitaka-siro:20200910041008j:plain

ただ全体的に釣れてないかというとそんな事はなく、30~40釣れていた方もいました。大会のメンバーの1人が、その方々のアドバイスで1匹45㎝のバスを釣らせてもらってました。そのメンバーの方が言うには魚探の使い方が凄い!との事です。

その釣らせてもらったという表現をあえてしたのが、メンバーのOさん曰く、「その方の指示通りのポイントに投げたら釣れた!バスの位置を魚探でほとんど把握している。同じエリアに何人も釣人がいるが、その方々しか釣れない!」との事!

因みにそのエリアは下記の通りです。

f:id:fumitaka-siro:20200910035755p:plain

私も同じ時間帯にそのエリアに入ったのですが全くでした。改めて魚探の性能をいかに使いこなすかが重要ですね!

状況分析

高滝湖観光企業組合さんより出船

天気:晴れで風強し

気温:31~32℃

水温:平均29℃

水質:アオコ

水位:1m位

風速:8日は南風5m、9日は南風4m

8日はボートが波で跳ね上がるくらいの状態で釣りになりませんでした。翌日の事もあり15時には上がりました。

9日はまあ何とか釣りは出来ました。

f:id:fumitaka-siro:20200910041913j:plain

私の失敗?

エリア選択ですね!釣ろうとするあまり前日見た状況で古敷谷川方面はアオコで釣りにならないと思ってました。

f:id:fumitaka-siro:20200910042234j:plain

しかし9日は正直このエリアでの釣果が1番良かったですね! これは私にとって本当に良い経験になりました。せっかくバッテリーを2つ持ってるのだから、ちょっと覗いてみれば良かったです。

それにしてもいつもこんな事ばっかり書いてるなあ~!

今後の高滝湖!

Iバス会のメンバーも13人になりました。その中で来年は高滝湖の大会開催を外そうという意見がでました。

1、中々釣れない

2、釣り道具の運搬が面倒

3、上流に行けない

以上こんな感じですね。普段釣りに行く、亀山湖、笹川湖はカバー等の目標があるので、そこで慣れると釣れるカバーがほとんどない高滝湖はストレスに感じますね!おまけに秋~春は大体大減水するので上流でサイトが好きな人は面白くないですね!

いいのは!昼飯ですかね(笑)

f:id:fumitaka-siro:20200910072915j:plain

私的には8日の釣行の際に南風5mを体験して、単純に危ないと思いました。9日の大会でこの風が吹いたら、落水するメンバーがいたかもしれないですね。今後は天候により大会の開催を検討する場面もでるかな?と思ってしまいました。例えば、2,3日前に高滝湖の風速、風向をみて亀山湖や笹川湖に変更するとか!まあ大会自体は平日開催なので、変更できる可能性は高いですけどね!

釣果!

8日1匹

9日1匹

f:id:fumitaka-siro:20200910074022j:plain

子バスには本当に申し訳ないです。

二日ともこんな感じです。計量のしかたについて大会ルールの変更があったので、図り方を覚える為に使わざるを得ませんでした。

リリースしようかと思ったのですけどね!図っちゃいました。

本当にごめんなさいね!

f:id:fumitaka-siro:20200910074758j:plain

最後に!

ブログを読んで頂いてありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。

 

18ポイズンアドレナ266L

こんにちは!フミタカです。

バスのタックルは今年は買わない方向でしたが、以前から欲しいと思っていた18ポイズンアドレナ266L!ナチュラムさんでお気に入り登録をして入荷を待っていたらついに入ってきました。なのですぐ購入して楽しみに待っていたら、出荷した途端に4,000円以上も値下がり!ちょっとそりゃないですよね!まあ欲しいタックルだったのでいいけど!ちょっと悔しい気分になりました。

f:id:fumitaka-siro:20200905205307j:plain

商品説明

  • ライトリグから小型ハードプラグまで幅広いルアーに適応するバーサタイルスピン。オカッパリや小型ボートの釣りなど、選べるタックルが限られる環境下で真価を発揮するアイテムです。
  • 新技術「フルカーボンモノコックグリップ」採用。さらなる感度と軽さを手に入れた新アドレナ誕生。
  • 第2世代ポイズンアドレナでは、フルカーボン一体成型中空後端グリップ「フルカーボンモノコックグリップ」を採用。ブランクスに直接触れているかのよ���な感度と軽さを実現するとともに、スパイラルXコア構造によってネジリ強度と潰れ強度が飛躍的に向上しました。1ピースモデルはアルティメットブランクスデザイン、2ピースモデルは自由なマテリアル構成でアイテムごとに調子を追求しました。

f:id:fumitaka-siro:20200906064920j:plain

商品仕様

  • 全長(m):1.98
  • 継数(本):1
  • 仕舞寸法(cm):198
  • 先径(mm):1.5
  • 適合ルアーウェイト(g):3~10
  • 適合ラインナイロン・フロロ(lb):3~6
  • 適合ラインPE(号):-
  • グリップ長(mm):190
  • テーパー:F
  • カーボン含有率(%):99.9
  • スパイラルXコア
  • フルカーボンモノコックグリップ
  • ナノピッチ
  • アルティメットブランクスデザイン
  • パーフェクションシートCI4+

f:id:fumitaka-siro:20200906065002j:plain

購入動機

去年この18ポイズンアドレナの261SUL‐Sを購入しました。しかしこのロッドは何と折れてしまい、後でローンだけが残るという悲しい展開になりました。ただこの時に新しいアドレナのフルカーボンモノコックによる感度の良さとタックルの軽さ、デザインにすっかり魅了されて、今回このバーサタイルなこの1本を購入することに決めました。

使用目的

今年から結構メインになりつつあるジグヘッドの釣り!及び小型プラグ!主にシャッドでの使用を考えてます。

ジグヘッド

f:id:fumitaka-siro:20200618195042j:plain

シャッド

f:id:fumitaka-siro:20200906065527j:plain

上記の様な使い方がメインになると思います。まあどちらかというと何でも使えるロッドなので、色々な妄想が膨らんで今は楽しい気分です。

因みに私は旧ポイズンアドレナの266Lも持ってます。現段階では私が持ってるスピニングロッドの中では中心的な存在です。

何で信頼してるかは

  • 強い
  • 軽い
  • キャストしやすい

それがもう1本増えると思うと本当に嬉しいです。

リールは!

買うお金ないので、今年の3月くらいにトラウト釣りで購入した19ストラディックを使おうと思ってます。

f:id:fumitaka-siro:20200906070308j:plain

fumitaka-siro.hatenablog.com

ただ1つ問題は、恐らく最初の釣りが高滝湖だという事!

入魂するとなると怖い(笑)!何せデコが十分ありうる湖ですからね~! まあそこはプラス思考で大きいバスが掛かっても大丈夫だと考えましょう!

最後に

ブログを読んで頂いてありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。

 

釣れるエレキ操作!

こんにちは!フミタカです。

いよいよ秋になりましたね!私が住んでる千葉市緑区あすみが丘は、標高が少し高めなのか?一気に涼しくなります。先日の夜はエアコン消して寝てました。おいおいと思われるかもしれませんが、全然それで大丈夫なんですよね!

釣れるエレキ操作

f:id:fumitaka-siro:20200902211152j:plain
前回のブログの中Basserの10月号の内容を少し書きました。中心の話題はフィッシングプレッシャーの考え方と対処ですが、その続きでエレキの操作についても記事がありました。今回は私なりにそこを書いてみたいと思います。

エレキの速度について

ボートが動く事によって起こる引き波!

引き波は自分が思ってる以上に

バスにプレッシャーを与え!

散らしてしまうと考えた方がいいです。

f:id:fumitaka-siro:20200902130104j:plain

基準は私が使っているエレキモーターガイドX3-55V

55LB/12V36インチシャフト無段階変速 デジタルモデル

下記画像は速度調整のダイヤルです。

①通常速度

周りに釣りをしてる方が居る場合!

大体普通に次の目的地に向かうスピードです。勿論他のバサーの横を通るときは、2くらいに落として通ります。

f:id:fumitaka-siro:20200902131940p:plain

②低速度

自身が攻めたいポイント近づく時!

ヘラ師の方がいてその近くを通過する時!

ヘラ師の方はウキを見ながらの釣りなので当然引き波がくると怒ります。

引き波が起こると当然バスも逃げます。なので静かに近づきます。

f:id:fumitaka-siro:20200902132006p:plain

③高速度

 湖のど真ん中で、周りにボートがいない場合

例えば亀山湖で松下ボートさんからトキタボートさんに向かう時はこのスピードでいいと思います。風もあるし、他のバサーに与える影響は少ないと思います。(勿論無風の場合は気をつけます。)

f:id:fumitaka-siro:20200902132119p:plain

私は大体こんな風に使ってます。無風の時は、バスがいるポイント近くではメモリ1か踏まないかでやる事もあります。

引き波はボートが動く以上絶対に起こります。

なので!

①自分が狙ってるバスに

プレッシャーをかけない!

②自分が起こす引き波で

他のバサーに迷惑をかけない!

をいつも自分は思いながらやってます。

f:id:fumitaka-siro:20200821225756j:plain

引き波でバスが逃げた経験!

私の経験

1、根掛かり!

カバーを撃ってるときにキャストミスで枝にルアーを引っかけたりします。それを回収する為にカバーに近づくとでっかいバスがいたりします!勿論近づくために起こるエレキの振動、引き波、人の気配で逃げて行きます。

2、不用意にスポットに使づいた!

有名ポイントに何も考えずに不意に近づいたりした時も、そんな時に限ってデカいバスがいたりします。これも悠々と逃げて行きます。

3、他のボートに邪魔される

バスが岸際に見えたので遠目からキャストしていたら下記画像のように思いっきりバスを散らされた!これは初心者の方が思いっきり私がキャストしてる内側を通っていったパターンです。これも当然バスは逃げました。

f:id:fumitaka-siro:20200627210232j:plain

これって結構誰にでもあると思います。

釣れてる方はどうしてるか?

これは本当にBasserの10月号の中で賢魚の中で書かれてる通りだと思います。特に小森プロの取材の記事は、亀山湖のスレバスを題材にしてるのでとても参考になります。

その日の湖の状況を把握してる。

私レベルでも下記の事くらいは把握します。

①浮かんでるボートの数

ボートの数と水質、風なんかでプレッシャーのかかり具合を予想します。これって私レベルの釣人でも結構当たります。

②どのような方が来てるか?(主に3タイプ)

A私より釣りが上手そうな方!

B初心者っぽい方!

C私と同レベル?って方!

③向かう方角!

大体向かう方向でどのようなスポットに行こうとしてるのか大まかに分かります。

②の基準はフィールドにでれば尚鮮明に分かります。

基準は!

操船

キャストが上手いかどうか

良いスポットへの入り方

上記のA,B,Cの見分け方は結構重要!

例えば亀山湖のじいさんワンドに

Bの初心者っぽい方が釣った後

→私はすぐにスポットにはいります。但しエレキのペダルはなるべく踏まずゆっくりワンドに入ります。

Cの私と同レベル?の方が釣った後

→最低10分くらいはスポットを休めます。エレキのペダルもなるべく踏まずにゆっくりワンドに入ります。

Aの私より釣りが上手そうな方の後

→時間を空ける為に別のスポットに移動します。

上記は本当かよ?って思われるかもしれませんが結構当たってると思います。もう単純に釣りの上手い方ほどスポットに入った時のとりこぼしは少ないです。だからやっぱり釣れません!初心者の方や私と同レベルの方だとやはり付け入るスキがあるのか釣れますね!

私はこの主な原因はやはりボートの操船が一番重要ではないかと思ってます。上手い人はゆっくりと慎重にスポットに入ります。まるで野生のネコ科の動物が獲物に気づかれないように慎重に近づいていくように!見ててカッコいいです。

f:id:fumitaka-siro:20200627211916j:plain

ちなみに私より上手い釣り人も、しっかり私を観察してると思いますよ!多分私が入ったスポットの後すぐにはいって攻略してると思います。

最後に!

ブログを読んで頂いてありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。